サイトイメージ

専門分野に強い人材紹介会社

50代からの再就職は大変厳しいものとなっています。

ご存知だとはおもいますが、50代と言えば、多くの企業でリストラの対象となっている方が多くおられる上に、再就職したとしても、会社に所属できる期間は数年といった短い期間になってしまいます。

こういった状況では採用担当者も積極的に50代の方を採用しようとはならないのです。

しかし、転職を希望される方で、自分の専門分野を持っている方は人材紹介会社を活用することをおススメします。

それは人材紹介会社が専門分野に強いからです。ただやみくもに求人情報を集めてみても、ハローワーク、求人情報誌、転職支援サイトや求人サイトなど、膨大な求人情報が掲載されており、とてもすべてを確認できるものではないのですが、こういった求人情報は収集先によってそれぞれ強い分野が違うのです。

ハローワークや求人情報誌であれば、住まいの近隣の求人に強いので、専門分野をもつ方にとっては活躍の範囲が狭まります。

そこでなぜ、専門分野に強い転職サイトが人材紹介なのかというと、人材紹介会社は再就職しようとしている人材を企業に紹介して利益を得ている会社だから専門分野に強いのです。

転職を希望するひとの転職が成功して報酬をもらえるからくりになっているのです。

このため適切な場所に人材を紹介するプロフェッショナルがそろっています。求人情報誌を眺めて、「ああ、自分にあった仕事ってないなあ」とあきらめるのではなく、就職に関する希望や専門分野などといった自分自身の情報を、一社ではなく複数の人材紹介会社に登録して、幅広い活躍の範囲の中から自分の適した再就職先を見つけましょう。

記事一覧
不動産金融に強いSFX Management 外資系に強い人材紹介会社


50代転職を徹底応援します

求人情報を探す上で50代のあなたが目のあたりにする現実は厳しいものです。しかし、たとえ50代であろうと転職に成功する人は成功します。

50代のあなたがこれから成功を勝ち取るため、具体的な戦略を5つの項目にまとめました。転職を真剣に考える方は以下をじっくりと熟読下さい。

50代中高年求人探しの5つのポイントを読む



50代転職お勧めサイト

ランキング1位 スカウト機能が充実 リクナビNEXTはお勧めNO1

イメージ

リクナビNEXTは、50代求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に50代の方でも、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む

⇒リクナビNEXTのHPに行く



不動産金融に強いSFX Management

不動産金融に特化した人材紹介会社を紹介します。
前述したよう、50歳以上の求人を探す場合、年齢から仕事を探すよりもこれまでの職務経験を活かした業界・職種を中心的に探すことがひとつのポイントです。そのようなときに、そういった分野に強みを持つ専門の転職エージェント利用することもひとつの方法です ・・・

不動産金融に強いSFX Management の続きを読む

外資系に強い人材紹介会社

外資系企業に強い人材紹介会社として、株式会社ディスコ株式会社アージスジャパンヘイズスペシャリストリクルートメントジャパンの3社があげられます。
これら3社のほかにも外資系に強い会社がありますので、外資系に転職希望の方は、インターネットや書籍等で調べる必要があります。

ところで、50代以上での外資系への転職はかなり厳しいものがありますが、スキルや能力を強くアピールすることで50代以上の転職も可能性を見出すことができるでしょう。
その際に注意したいのが、日本と外国の感覚の違いです。例えば日本では、欠点をなくしうまくやっていくジェネラリストが求められる傾向があります。しかし、外資系では日本と異なり、ジェネラリストよりもスキルや能力などの専門性を持った人材が重要視されるため、専門的な知識を持つスペシャリストの部分を積極的にアピールする必要があります

とはいっても、求められるのは専門的な知識や能力だけではありません。外資系で必ずといっていいくらい求められるものはコミュニケーション能力です。
日本人の感覚で考えると、コミュニケーション能力というと相手に合わせて物事を進めていくようなニュアンスも含まれがちです。
しかし、相手との関係を良好に保つために相手に合わせるというコミュニケーション能力が求められているのではなく、たとえ自分と異なった考え方や意見であれ、柔軟に相手の意見を取り入れることができる生産的思考能力が求められます。

日本人によくありがちなのが、独創的な考え方を持った人の意見を受け入れられなかったり、表現の仕方がおかしいという理由で、その人の意見の真を見極めようとせず、耳を傾けないというケースです。そのような人は国際的に見た場合、コミュニケーションが優れている人材とは決していえません。

そういったスキル(コミュニケーション能力)を見直しつつ、外資系に強い人材紹介会社探しからはじめても ・・・

外資系に強い人材紹介会社 の続きを読む