サイトイメージ

定年後の再就職先

50代が、定年後の再就職際先を考えた時に思いつくのが現在の就労先での再就職です。
現在、年金支給開始年齢の上昇と共に、企業は、定年の延長や、定年の廃止、継続雇用制度、再雇用制度のいずれかの制度を平成18年から段階的に取り入れていくように義務付けられています。
再雇用制度とは、定年後いったん雇用契約が終了された後に、再度新たに雇用契約を結ぶ制度です。継続雇用制度とはこの雇用契約を終了させることなく引き続き雇用関係を維持するものです。

このような制度を積極的に取り入れる企業に勤める人は、同じ職場での再就職先を比較的容易に見つけることが出来る傾向があるものの、従業員の定年延長や定年の廃止を積極的に行わない企業に勤める人にとっては、定年後再就職先を見つけるのが厳しい現状ではあります。
また、制度を積極的に取り入れる企業に勤める人であっても、全ての人が自分の希望したとおりに現在の職場で再就職できるわけではないので注意が必要です。

現在、厚生労働省による中高年者縦断調査によると50代前半の約半数は住宅ローンが残っている(完済していない)というデータが出ています。定年後、住宅ローンなどの借金の返済が残っている場合、できるだけ早く返済するために再就職をして収入を増やす必要があります。この事を背景に50代前半のほとんどの人が再就職を希望している傾向があるため、現在の仕事場で再就職できないケースを念頭において定年後の仕事先を探す計画をしっかり立てる必要があります。

50代定年後の上手な準備


50代転職を徹底応援します

求人情報を探す上で50代のあなたが目のあたりにする現実は厳しいものです。しかし、たとえ50代であろうと転職に成功する人は成功します。

50代のあなたがこれから成功を勝ち取るため、具体的な戦略を5つの項目にまとめました。転職を真剣に考える方は以下をじっくりと熟読下さい。

50代中高年求人探しの5つのポイントを読む



50代転職お勧めサイト

ランキング1位 スカウト機能が充実 リクナビNEXTはお勧めNO1

イメージ

リクナビNEXTは、50代求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に50代の方でも、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む

⇒リクナビNEXTのHPに行く