サイトイメージ

50代定年後の上手な準備

50代を迎えたかたにとっては、「あと数年で定年か・・・」

と思われる方もいれば、早期退職やリストラの対象となって次の転職先を探しているかたもおられます。

どちらにしても、年金の受給年齢の引き上げもあって、定年後が60歳から65歳まで伸びた企業もあれば、事実上そうではない会社だってあります。だれもが65歳まで雇ってもらえるわけではないのです。そうなると、定年後を迎えてからの生活はどうしようかと不安になりますよね。

かりに、60歳で定年後を迎えて、65歳の年金受給まで、退職金で生活をしようとしましょう。

3000万円もらったとしても、年間に夫婦二人で300万円使ったとしても半分は、特に贅沢することもなくただ生活するだけでなくなってしまいます。しかも住宅ローンが完済しており、子供たちも手を離れて、両親の介護もない場合といった、非常に恵まれた場合でこのような状況です。

すると、自分がこの先、年金だけで生活を送ることが出来るのかということは、50代を迎えたかたたちには見えてきているはずです。

当然定年後も転職する、あるいは、定年が早い会社やリストラを受けたかたはこういったことを踏まえて転職を考えなければなりません。しかし、ご存知のとおり転職市場は大変きびしいものとなっています。

金の卵である新卒者だって、人件費の削減の対象として、採用を抑えられ、採用されたとしても、教育の時間が抑えられるなど、徹底したコスト削減の対象となっているのです。

定年後に安心して生活できるように、しっかりと50代を過ごしましょう。

記事一覧 定年後の再就職先 定年後の中高年求人仕事探し 上手にキャリアアップ


50代転職を徹底応援します

求人情報を探す上で50代のあなたが目のあたりにする現実は厳しいものです。しかし、たとえ50代であろうと転職に成功する人は成功します。

50代のあなたがこれから成功を勝ち取るため、具体的な戦略を5つの項目にまとめました。転職を真剣に考える方は以下をじっくりと熟読下さい。

50代中高年求人探しの5つのポイントを読む



50代転職お勧めサイト

ランキング1位 スカウト機能が充実 リクナビNEXTはお勧めNO1

イメージ

リクナビNEXTは、50代求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に50代の方でも、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む

⇒リクナビNEXTのHPに行く



定年後の再就職先

50代が、定年後の再就職際先を考えた時に思いつくのが現在の就労先での再就職です。
現在、年金支給開始年齢の上昇と共に、企業は、定年の延長や、定年の廃止、継続雇用制度、再雇用制度のいずれかの制度を平成18年から段階的に取り入れていくように義務付けら ・・・

定年後の再就職先 の続きを読む

定年後の中高年求人仕事探し

定年後の中高年の仕事探しは現実的に厳しいものがあります。
前述したように、定年後ローンの返済の為やあるいは継続的な収入を求めて再就職を求める50・60代の中高年が増えています。
そのような中、改定高年齢者雇用安定法が施行され雇用の延長や再就職(現在の就労先での)という形で、中高年の受け皿が増えつつあるものの、だからといって安心できるというわけではないのが現状です。

そのため、定年後の計画的をしっかりと立て、今のうちから中高年でも働ける仕事探し活動をはじめ、求人情報の集め方といったことを学んでおく必要があります。またこういったことを定年前に行うことによって、仕事や求人を有利に見つけることも可能になります。
例えば、く定年前に仕事探しをすると、在職中の人しか求人を探すことが出来ないサービスを利 ・・・

定年後の中高年求人仕事探し の続きを読む

上手にキャリアアップ

上手なキャリアアップの方法として転職や再就職前に職業訓練校の情報を集める事は重要です。
基本的に公共職業訓練は無料で一定の期間訓練を受けることで、ホームヘルパー2級や第二種電気工事士などの国家資格を取得することが出来ます。

なぜこれが上手なキャリアアップなのかというと、職業訓練期間中は失業保険などの給付金が延長されることがあるからです。
これは訓練延長給付といわれるもので、給付日数を超えて職業訓練を受けている間を待機期間として、その間就職が困難であると公共職業安定所長が認められた場合、失業保険などの給付金が延長して支給されるというものです。
つまり、キャリアアップをはかりながら給付金も延長してもらうことが出来るというものです。特に35〜59歳の中高年の場合は延長給付を2回受けられるという例もあるので、転職を考えている人はこのような制度を上手に活用しても良いでしょう。

ただし、キャリアアップを目指すことが目的なので、クラスで習う授業が自分にとって本当に必要なのか。授業のレベルは高いのか低いのか?など、どのような内容を学ぶことが出来るのか事前にしっかりと調べておいた方が良いです。

再就職活動者にとって最も大切なものは時間です。再就職活動者にとって少しでも早く再就 ・・・

上手にキャリアアップ の続きを読む