サイトイメージ

タクシー業界へ

タクシーを利用してみるとドライバーの方はやはり50代以上の高齢の方が多いですよね。

近年の長引く不況に入るまでは、タクシーの利用だって、誰もが気軽に使っていました。しかし、最近では、節約志向から、タクシーの利用はおろか、車離れも進んでいるような状況です。

そうすると、タクシー業界の方々の収入は当然下がっていっているわけなのですが、さらに追い打ちをかけるように、規制緩和によって、タクシードライバーが増えていったため、競争相手が増え、さらに収入は右肩下がりとなっているのが現状です。

リストラにあった方や早期退職した方が転職先にタクシードライバーを選択することは少なくありません。比較的なりやすいということや、わずらわしい人間関係もないといったことが50代以上に方が転職先として選択する理由の大半です。

しかし、タクシードライバーという職業は大変厳しい職業なのです。地域にもよりますが年収はやはり低いです。一日20時間ほど働いて、300万円台といったところです。

確かに多くのお客さんを乗せることができれば、もっと稼ぐことはできますが、そういったかたは少数です。

さらに、座っているだけといっても、体力的にもかなり厳しいのです。ずっと同じ姿勢でいることは下半身にとても悪いので、下半身に痛みを感じて、トイレをするのも一苦労といった方もいます。

まだ自分のもとを離れていない子供たちや住宅ローン、そして親の介護等の金銭的な責任が大きい方がタクシードライバー一本で家族を養おうとすることは大変困難なの状況です。

記事一覧
ドライバーという選択肢 タクシードライバーの年収


50代転職を徹底応援します

求人情報を探す上で50代のあなたが目のあたりにする現実は厳しいものです。しかし、たとえ50代であろうと転職に成功する人は成功します。

50代のあなたがこれから成功を勝ち取るため、具体的な戦略を5つの項目にまとめました。転職を真剣に考える方は以下をじっくりと熟読下さい。

50代中高年求人探しの5つのポイントを読む



50代転職お勧めサイト

ランキング1位 スカウト機能が充実 リクナビNEXTはお勧めNO1

イメージ

リクナビNEXTは、50代求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に50代の方でも、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む

⇒リクナビNEXTのHPに行く



ドライバーという選択肢

ふと乗車したタクシーで一見、50〜60歳くらいのドライバーさんであるが実は新人だったということが何度かある。タクシー業界は年齢のハンデが少ない業界であるかもしれない ・・・

ドライバーという選択肢 の続きを読む

タクシードライバーの年収

年収を下げてでも転職に成功したいという方もいるでしょう。50代になるとなかなか転職や再就職先を探すのが困難なケースが多い。そのような方にはタクシーの運転手という選択肢もあります。

では、タクシー業界に転職した場合、どの程度の年収を得られるものなのでしょうか。まずタクシー業界に転職する場合、これまでの高い給料をもらっていた方はある程度年収が下がるのを覚悟する必要があります

年収ベースでどの程度かというと、300万円程度になります。これを月に換算すると25万円程度となりますが、あくまで平均であって高くもらっている人が少ない人の平均を押し上げていると考えた方がいいでしょう。
最近では女性のタクシードライバーも見かけますが、統計的に男性と比べると女性の方が年収が少ない傾向があります。具体的には男性の年収が300万円〜350万円程度に対し、女性が250万から300万円程度です。
あくまで平均であって、これ以上もらっている方もこれよりも少なくもらっている方も男女問わずいるでしょう。
これは、女性だからという年収の差別を受けているのではなく、タクシー業界の売り上げに対する歩合制によるものも大きいです。

この業界では、給料を左右するのは歩合、すなわちインセンティブ部分です。そのため、繁華街などで飲んだ帰りのサラリーマンを対称にしたりすることで、思わぬ長距離のお客さんを拾う可能性も出てきます。また、深夜料金で稼ぐことができます。
このような深夜の時間帯やお酒に酔ったサラリーマンなどを対象にできるのは女性よりも男性の ・・・

タクシードライバーの年収 の続きを読む