サイトイメージ

ドライバーという選択肢

ふと乗車したタクシーで一見、50〜60歳くらいのドライバーさんであるが実は新人だったということが何度かある。タクシー業界は年齢のハンデが少ない業界であるかもしれない。

確かに30歳のドライバーであろうが、50歳、60歳のドライバーであろうが、短い乗車時間の中でいかに高いサービスを提供してくれるかが客としては重要なところである。そこに経験の差はあるだろうが、年齢による差別はないように感じる。
気さくなおじさんであることが、かえって好感が持たれることもある。収入に関しては完全歩合であることが殆どである。
言わば個人事業主に近い。なるほど、それで敷居も低いのかと思うところであるが、50代の転職活動も内定を勝ち取るということでは個人事業主である。誰も助けてはくれない孤独な戦いである。タクシー利用者の多くが、深夜の時間帯に集中する。

終電が終わってしまった人がタクシーを求めて駅前のタクシー乗り場で行列なんて光景はよく目にする。
深夜帯に繁忙期を迎えることで、体力的に厳しいところがあるのもタクシードライバーの宿命と言える。
敷居は低いが入社後の環境はいくつか厳しさがあるのも現実である。一部の企業では新入社員時は固定給があるところもあるらしいので、そういった企業を狙うのもよいかもしれない。しかし、そのような場合でも遅かれ早かれひとり立ちしなければならないのだが。

仕事にありつけない状況に比べれば、完全歩合制ではあるが、やった分だけ収入に結びつくタクシードライバーという職業は非常に魅力的に感じる。

タクシー業界へ転職


50代転職を徹底応援します

求人情報を探す上で50代のあなたが目のあたりにする現実は厳しいものです。しかし、たとえ50代であろうと転職に成功する人は成功します。

50代のあなたがこれから成功を勝ち取るため、具体的な戦略を5つの項目にまとめました。転職を真剣に考える方は以下をじっくりと熟読下さい。

50代中高年求人探しの5つのポイントを読む



50代転職お勧めサイト

ランキング1位 スカウト機能が充実 リクナビNEXTはお勧めNO1

イメージ

リクナビNEXTは、50代求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に50代の方でも、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む

⇒リクナビNEXTのHPに行く