サイトイメージ

福祉資格の有利さ

福祉業界について考えたいと思う。人生50年と呼ばれたのは、遠い中世の時代。
今は50歳といえば、まだまだ壮年であり、老け込むには早い。

では、転職と言えばどうだろうか?キャリアを積み上げていたとしても、厳しいと言わざるを得ない。その積み上げたキャリア、そして人脈は会社の看板を背負っていたが故である。その看板なくして、その人の価値を純粋に見た時、評価額は下がらざるを得ない。

では、その人の価値という意味で言えば資格の取得はその人の評価額を上げてくれるだろう。しかし、50代・有資格者が活躍できる業界って?福祉業界はどうだろう。

福祉と言っても、老齢介護や乳幼児保育のような仕事も同じ福祉の仕事だ。老人と乳幼児という対極的な関係だが、一人では自由が利かないという点では共通だ。保育の仕事は、より若い20〜30代の方が適するだろう。

しかし、老齢のお年寄りならば、若年者より人生経験のある50代の方が活躍の場がある。しかし、福祉の仕事は体力のいる仕事であるだけに、その部分が不安ではあるが、健康と体力に自信があれば、資格取得を達成し、社会が必要としている福祉の中でも老齢者介護職への転職の方が活躍の場は広い。

実際に福祉・介護系の資格の年齢別の合格者は、各年代大きな差はないようだ。それだけ、多様な年齢層からチャレンジできるということであろう。民間企業で利益獲得の為、数十年間奔走してきた50代のビジネスマンが社会貢献の為に福祉の世界にチャレンジすることで業界自体が発展を遂げるかもしれない。

転職に有利な資格とは


50代転職を徹底応援します

求人情報を探す上で50代のあなたが目のあたりにする現実は厳しいものです。しかし、たとえ50代であろうと転職に成功する人は成功します。

50代のあなたがこれから成功を勝ち取るため、具体的な戦略を5つの項目にまとめました。転職を真剣に考える方は以下をじっくりと熟読下さい。

50代中高年求人探しの5つのポイントを読む



50代転職お勧めサイト

ランキング1位 スカウト機能が充実 リクナビNEXTはお勧めNO1

イメージ

リクナビNEXTは、50代求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に50代の方でも、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む

⇒リクナビNEXTのHPに行く