サイトイメージ

転職成功するための努力

50代からの転職市場はご存知のとおり、大変厳しいものとなっています。

年齢的にも高額な年収をもらっている方が多く、それなりの役職についていた方も多いでしょう。その上多くの企業が実行したリストラで多くの方が再就職先を探しているので、ライバルは大勢いるのです。

50代からの転職を成功させるためにはどうすればいいのでしょうか?

まずは自分の市場価値を理解することが成功への第一歩です。
いくらこれまでにいた会社でいいお給料をもらっていても、あるいはそれなりの役職についていたとしても、人脈やキャリアがなければ、他の会社からのオファーはありません。やはり芸は身を助けるというように、資格をもっているかたや転職市場で必要とされるキャリアをもっている方が再就職に成功するのです。

こういったかたは、50代を迎えても他の企業からのヘッドハンティングによって転職をし、数千万円の年収を手にして再就職を成功させています。

しかし特にこういった高額な市場価値を持たないかたの再就職先の多くが、清掃員や警備員となっており、収入も300万円台で体力的にも大変厳しい仕事をしています。

こういった現状を打破するために、あるいは避けるためには、やはり、現在の自分の市場価値を上げる必要があります。

まずはこれまで積みあげてきた実績や経験を整理して、これらに関連する資格を取得する。あるいは、これまで経験はないけれど、しっかりと市場価値に基づいた準備をして、やりたい資格を取得するなど50代で転職するための準備が成功の秘訣です。

記事一覧
50代で成功した人の体験談 就職活動を成功させるために


50代転職を徹底応援します

求人情報を探す上で50代のあなたが目のあたりにする現実は厳しいものです。しかし、たとえ50代であろうと転職に成功する人は成功します。

50代のあなたがこれから成功を勝ち取るため、具体的な戦略を5つの項目にまとめました。転職を真剣に考える方は以下をじっくりと熟読下さい。

50代中高年求人探しの5つのポイントを読む



50代転職お勧めサイト

ランキング1位 スカウト機能が充実 リクナビNEXTはお勧めNO1

イメージ

リクナビNEXTは、50代求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に50代の方でも、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む

⇒リクナビNEXTのHPに行く



50代で成功した人の体験談

転職体験談から50代の転職で成功と言える場合の事例を見ていると、知人・友人からの紹介や前職の取引先等からの紹介による、いわゆる縁故が多い。今まで培ってきたキャリアを生かした就職が最も現実的かつ合理的である。

就職活動を体験すれば、その現実の厳しさを実感することになろう。厳しい現実と今に至るまでのキャリアを考慮すると、現実路線として、縁故による方法を考えるようになる。

しかし、転職活動を体験してみて、縁故に切り替えるのでは、あまりにも段取りが悪過ぎる。決意したのなら、自分を取り巻く環境を冷静に一度分析してみたい。先見性と計画性がなければ、成功させることすら、おぼつかないだろう。

キャリアに関しても、同業他社でしか通用しないようなものが多い。それは、各業界異なる専門性を要求されるからである。決して今までのキャリアが社会にて否定されるものではない。同業他社の間であれば、その専門性が新たな刺激として作用する可能性も十分にある。

50代=新人として、企業も今更、扱えないのが本音である。キャリアを積む過程で培った体験談が若手へのリアルな教育にもなろう。また、その体験談が経営を見直すきっかけになるかもしれない。50代の労働者を迎え入れる企業も勇気がいるものであるが役員として迎え入れる場合であれば良いと思う。

一般の正社員としての採用は、企業側も組織としての年齢的な構成にアンバランスが生じることになる。また、既存の社員 ・・・

50代で成功した人の体験談 の続きを読む

就職活動を成功させるために

転職活動で成功する為には何が必要か?就職活動・転職活動共通して言えることは、自己分析であろう。

新卒・第二新卒・30代、40代の転職そして50代で自己分析のレベルに差があるものの年相応の分析力は求められるだろう。そのため、仮に50代で新卒と同様の自己分析の場合は、決して成功はおぼつかないだろう。面接は最高のレベルでなくてはならない。

役員レベルにまで、登りつめた成功者も中にはいるはずだ。ごくわずかな成功者なのかもしれないが、生きた年月という意味では同等であるのだから、自分が価値ある人間だということを活動においてアピールしなければならない。

事実上、リストラのような人員整理の対象となってしまった場合は、マイナスなイメージを人事担当者が持ってしまう。うまく自己PRをするテクニックも必要であろう。

しかし、とはいっても活動に最も必要なことは健康面ではなかろうか。50代ともなれば健康診断で二つ、三つ再検査にひっかかってもおかしくはない。健康を害して仕事を継続するのは厳しい。体が資本とは、まさに50歳代の労働者に言えることである。

成功の可否もこの健康状態に関わってくる。20〜30代の若かりし頃と違って、何かとハンデが多い。就職活動であっても、面接に辿りつく道のりも遠く、険しいものになります。しかし、経験という武器がありま ・・・

就職活動を成功させるために の続きを読む