サイトイメージ

平均年収アップは難しい?

50代で転職をしようと思っている人の中には、年収アップを希望している人もいるでしょう。

しかし50代の転職マーケットを見てみると、年収アップをするような案件があまりないと思ってください。 なぜかと言うと、会社の中で最も高給取りはこの年代であることが多いからです。

平成20年の国税庁の調査があります。
年代別に年収の調査をしているのですが、最も平均年収が高くなるのは50〜54歳という結果が出ています。 この年代をピークして、徐々に給料は減少していく傾向があります。

つまり50代の転職と言うのは、会社からしてみると最も高給取りの人材を取りにいかないといけないということになります。 ならばもう少し給料のかからない、しかもいろいろと仕事を覚えていく吸収力に長けている若手を使おうという話になるのです。

ですから、年収アップについては、あまり過度に期待しないことです。

もちろんこの年代のでも、年収アップをするパターンもあります。 特殊な経験や能力を持っていて、その経験や能力に対して一定の需要があれば、高く評価される可能性はあります。

しかしそれ以外であれば、なかなか年収アップは難しいと思ったほうが良いでしょう。 男性の場合には特に顕著で、年収アップどころかダウンをしてしまうこともあります。 中には、前職の半分以下になってしまうケースもあると言います。

年収アップにだけこだわって、職探しをするのは危険と思ってください。 それなら、今の仕事を続けていった方が無難です。

記事一覧
平均年収について 年収アップのための転職


50代転職を徹底応援します

求人情報を探す上で50代のあなたが目のあたりにする現実は厳しいものです。しかし、たとえ50代であろうと転職に成功する人は成功します。

50代のあなたがこれから成功を勝ち取るため、具体的な戦略を5つの項目にまとめました。転職を真剣に考える方は以下をじっくりと熟読下さい。

50代中高年求人探しの5つのポイントを読む



50代転職お勧めサイト

ランキング1位 スカウト機能が充実 リクナビNEXTはお勧めNO1

イメージ

リクナビNEXTは、50代求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に50代の方でも、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む

⇒リクナビNEXTのHPに行く



平均年収について

50代を機に再就職を試みた場合、給料に関しては贅沢を言っていられないのが現実だ。50代のサラリーマンの平均も業界・業種やポストによって大きく変わるだろう ・・・

平均年収について の続きを読む

年収アップのための転職

仕事を変える理由のひとつに収入のアップが挙げられる。
同業他社であるが、他社へ転職をすることで収入がアップする事例もある。異業種への転職で収入アップを実現させるには平均給料が高い業界への転身が必要だ。

業界で差がある年収の場合は多く、専門性の高い職種や利益率の高い業界は年収が高い傾向にあります。
しかし、その分、労働環境も厳しく、離職率も高かったりします。仕事を変えようと試みる場合、単純に収入アップということだけで、未経験の異業種に転身することで、想像以上の労働環境で結局、長続きしなかったという話もよくあります。それでは、収入アップどころか、活動自体が振り出しに戻ってしまう為、時間の浪費でしかありません。 そう考えると、50歳代の場合は収入のアップを狙うにはハードルが高そうです。 また、多くのハンデが付きまといます。求人も極端に少ないのが現実です。そのような不利な状況で収入アップまで望むのは非現実的です。

反対にマネージャーやエグゼクティブクラスの転職であれば、場合によっては収入アップになることもあろうが稀有な事例として捉えたい。
50歳代の年収は年代別に見てもピークを迎える頃である。そのピークを迎える年収レベルに合わせることは企業側としては難しい。キャリアにもよるが、コストはできるだけ抑えたいのが企業側の本音であろう。
50歳代の活動の中での収入に関してはあまり重要視することのないほうが活動が円滑に進む ・・・

年収アップのための転職 の続きを読む