サイトイメージ

平均年収について

転職によって年収の増減はあるだろうが、50代を機に再就職を試みた場合、年収に関しては贅沢を言っていられないのが現実だ。同じ年齢のサラリーマンの平均年収も業界・業種やポストによって大きく変わるだろう。

新卒新入社員の場合はどの業界・業種をみても、それほど初任給の差はないものだが、数十年後には大きな差となって表れる。一般的に平均年収は50歳代前後にピークを迎えることになる。
リタイアに差し掛かる年齢の人たちにかかる人的コストは企業にとっては、相当な負担であります。そういった事情によりリストラの対象になりかねない。また転職活動の場合、収入に関して拘りを見せてしまうとただでさえ厳しいハードルが更に高くなってしまう。同じ世代の平均年収を下回る覚悟も必要である。

反対に平均年収を上回るには相応のキャリアと自分が勤めることによって、再就職先に大きなメリットを与えることができる場合に限られてくるであろう。
企業側も採用するに当たって大きなメリットがない場合、平均年収に見合う報酬を与えることは、相当なコスト増になってしまうだろう。

転職に踏み切る理由も千差万別であるが、キャリアアップとそうでない場合とでは、収入に差が出てしまうのは致し方ないことである。活動は必ずしも収入を増やす為の手段ではないということである。

収入には目をつぶり、今、置かれた状況の厳しさを打破することを念頭において職探しには頑張ってもらいたいと思います。

平均年収アップは難しい?


50代転職を徹底応援します

求人情報を探す上で50代のあなたが目のあたりにする現実は厳しいものです。しかし、たとえ50代であろうと転職に成功する人は成功します。

50代のあなたがこれから成功を勝ち取るため、具体的な戦略を5つの項目にまとめました。転職を真剣に考える方は以下をじっくりと熟読下さい。

50代中高年求人探しの5つのポイントを読む



50代転職お勧めサイト

ランキング1位 スカウト機能が充実 リクナビNEXTはお勧めNO1

イメージ

リクナビNEXTは、50代求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に50代の方でも、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む

⇒リクナビNEXTのHPに行く