サイトイメージ

志望動機を徹底的に

50代で転職を希望する人を雇う企業もあります。

しかし若い人と比較をすれば、
雇ってくれる企業は少ないのが現実であると認識する必要があります。

もし50代で転職をするのであれば、企業がどのような人材を求めているかということを正確に把握することです。 そこで、面接を受ける時志望動機などを聞かれることもあるかと思います。 この志望動機を語る時に、自分が企業の求める人材にいかに合致しているかということをアピールすることが重要です。

50代に差し掛かってくれば、それなりのキャリアも備わっているはずです。
そこで、志望動機を面接などで話す時には、自分の実績をうまく絡めて話をすることが重要です。

志望動機の時に話す実績についてですが、自分でやったことはあまり評価されない傾向があります。
むしろプロジェクトリーダーとしてとか、部署の責任者として、どのようにして部下を統率していったかということを話しましょう。

中高年の人材を募集している会社は、あなた自身で何かをしてくれることにあまり期待をしていません。 いかにして、若い人を引っ張っていってくれるか、若い人の育成に尽力してくれるかということに重きを置く傾向があります。

若手の育成や職場の環境をうまくまとめてくれるような人材かどうかをチェックしていると思ってください。

志望動機を話す場合に、自分のスキルなども話すことももちろん重要です。 しかし上で紹介したように、リーダーとしてのスキルと志望動機をうまく絡めることは非常に効果があります。

記事一覧
異業種は志望動機の説得力 志望動機の書き方にひと工夫


50代転職を徹底応援します

求人情報を探す上で50代のあなたが目のあたりにする現実は厳しいものです。しかし、たとえ50代であろうと転職に成功する人は成功します。

50代のあなたがこれから成功を勝ち取るため、具体的な戦略を5つの項目にまとめました。転職を真剣に考える方は以下をじっくりと熟読下さい。

50代中高年求人探しの5つのポイントを読む



50代転職お勧めサイト

ランキング1位 スカウト機能が充実 リクナビNEXTはお勧めNO1

イメージ

リクナビNEXTは、50代求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に50代の方でも、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む

⇒リクナビNEXTのHPに行く



異業種は志望動機の説得力

50代の転職はキャリアを生かせ、評価してもらえる可能性の高い、同業種が鉄則である。 異業種への転職は大きな挑戦となるであろう。50代という年齢と未経験ということでハード ・・・

異業種は志望動機の説得力 の続きを読む

志望動機の書き方にひと工夫

志望動機は転職活動の履歴書や面接試験であっても書いたり、聞かれたりする部分である。
面接の中で聞く口頭の志望動機は印象深かったりした内容は頭に残るが、忘れられる内容も少なくない。

しかし、志望動機を書く場合は、書面として残ることになる為、書き方の工夫が必要である。
簡潔でありながら熱意や説得力がある文章が望ましいが、理想に近づける為には書き方のテクニックのようなものを駆使しなければならない。
自己PRと志望動機の質は採用の合否を大きく左右する。そのくらい重要度が高いのであるから転職活動としても多くの時間を割いて完成度の高い志望動機にしたい。書き方の上手い・下手もあるが内容も充実させたい。

内容はその会社が求めている人物像やキャリアを想像すると良いでしょう。本やインターネットにあるような、例文では一般的なだけであって伝えたいことも伝わりにくい内容になることが多い。資格や秀でたキャリアがあれば志望動機の書き方としてはそのスキルを中心に自分が貢献できるということを伝える内容にしたい。

もし、アピールポイントがなかったとしたら、置き換えて考えられるキャリアやエピソードを探したい。
転職活動も需要と供給のバランスである。企業が求めている人材でなければ、どんなに高い知識やスキルを持っていたとしても採用には至ることはないであろう。志望動機とは企業と志望者が相思相愛になる為のラブレターのようなものである。書き方も面接官の心を動かすことができる内容 ・・・

志望動機の書き方にひと工夫 の続きを読む