サイトイメージ

異業種は志望動機の説得力

50代の転職はキャリアを生かせ、評価してもらえる可能性の高い、同業種が鉄則である。
異業種への転職は大きな挑戦となるであろう。50代という年齢と未経験ということでハードルは極めて高い。
可能性を見た場合、異業種の専門性だろう。キャリアに伴う専門性ではなく、資格による専門性は成功する可能性がある。資格を取らなければならないが、資格を保持することで、異業種への扉が大きく開かれることにもなる。
介護などは資格を伴う、専門職なので典型的な例かもしれない。

50代の一番の強みであるキャリアのアピールができない異業種へは50代であっても管理職ではなく、一般職からのスタートとなります。その辺りの覚悟も必要です。
ハンデを追った状態での覚悟と熱意を転職活動中もなくてはならないし、面接で説得力を持って話ができなければなりません。志望動機もなぜ同業ではなく、異業種であるのかを説得力を持って話をしたい。

年齢的なハンデがあるにも関わらず、更にハンデを追うことになる異業種への挑戦は面接官も非常に興味を持つところである。
面接試験においても、間違いなく聞かれる質問であるので、この質問に対する返答をチャンスとして捉えたい。
なるほどと面接官が思える内容の話であれば、大きなハンデが取り除かれる為、採用に至る可能性が大きく高まることになるだろう。キャリアの積み上げのない、異業種への転職の鍵はまさしく、ピンチをチャンスに変えることである。

志望動機を徹底的に


50代転職を徹底応援します

求人情報を探す上で50代のあなたが目のあたりにする現実は厳しいものです。しかし、たとえ50代であろうと転職に成功する人は成功します。

50代のあなたがこれから成功を勝ち取るため、具体的な戦略を5つの項目にまとめました。転職を真剣に考える方は以下をじっくりと熟読下さい。

50代中高年求人探しの5つのポイントを読む



50代転職お勧めサイト

ランキング1位 スカウト機能が充実 リクナビNEXTはお勧めNO1

イメージ

リクナビNEXTは、50代求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に50代の方でも、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む

⇒リクナビNEXTのHPに行く