サイトイメージ

50歳代の中高年住宅ローン

通常の仕事をしている人がマイホームを購入する場合、住宅ローンの借り入れをしている人も多いはずです。 住宅ローンの返済の度合いと今後の仕事できる年数について、50代に差し掛かってきたら真剣に考えるべきです。

もし今の会社で定年を迎える時までに、住宅ローンの返済をすることができないのであれば、転職を検討すべきです。 定年になってしまって、年金暮らしをしている中で住宅ローンの返済をしていくということになれば、かなりの負担になってしまいます。

中には、定年になっても引き続き仕事ができる所を探そうと思っている人もいるでしょう。 しかし定年になった後に仕事を続ける場合、就職先を見つけることはできるかもしれません。

ただし給料はかなりダウンしてしまう可能性が高いことを認識する必要があります。 場合によっては、給料が今の1/3以下になってしまう可能性もあります。
もし住宅ローンが残るのであれば、定年してから職探しをするという方法は使うべきではありません。

50代で転職をするのは少し厳しい所があるのは否めません。
しかし定年になってから探すのと比較をすれば、まだまだチャンスはあります。

もしあなたに経験やスキルがあれば、給料をアップさせることもできるかもしれません。 そうすれば、住宅ローンの返済も早めることができるでしょう。

もし定年までに住宅ローンを返済することができるような案件があれば、
ドンドン積極的に応募してみることです。

記事一覧
中高年ローンの現状 住宅ローンの返済を考慮


50代転職を徹底応援します

求人情報を探す上で50代のあなたが目のあたりにする現実は厳しいものです。しかし、たとえ50代であろうと転職に成功する人は成功します。

50代のあなたがこれから成功を勝ち取るため、具体的な戦略を5つの項目にまとめました。転職を真剣に考える方は以下をじっくりと熟読下さい。

50代中高年求人探しの5つのポイントを読む



50代転職お勧めサイト

ランキング1位 スカウト機能が充実 リクナビNEXTはお勧めNO1

イメージ

リクナビNEXTは、50代求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に50代の方でも、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む

⇒リクナビNEXTのHPに行く



中高年ローンの現状

中高年のうちとりわけ50代に差しかかった人が、定年後、再就職のために仕事を探す必要があるかどうかは、ローンの返済が残っているかどうかによって決まります。
厚生労働省の第1回中高年者縦断調査(中高年者の生活に関する継続調査)結果の概況を見てみると、 ・・・

中高年ローンの現状 の続きを読む

住宅ローンの返済を考慮

住宅ローンは、一般的な家庭において人生で最も大きな借金です。 定年後は定期的に得られるお金が年金だけになってくる為、定年後住宅ローンの残りがあるとその返済は厳しいのが現状です。 住宅ローンだけでなく子供の教育ローンや自動車ローンなど、現役で働いていた時は何とか返していた借金も、収入が年金収入だけになると、返済するのが困難になってきます。 そのため、定年前に返済する為に今からでも少しずつ準備をしていく必要があります。

現在、定年前でどうしても返済できそうにない人は、奥さんにパートに出てもらい収入を一時的に増やし住宅ローンの返済に充てるというのも一つの手です。また、退職金の一部を事前にもらい返済に充てるのも手です。ただし、その場合は本来もらえるはずの退職金が少なくなるケースもあるので注意が必要です。

そして、もうひとつの対策として、在職中に次の転職先を探しておくという事です。退職してから転職活動をすればいい。と考えている方もいるかもしれませんが、そうのんびりいていられないのが現状です。50代の中高年の転職は思った以上に時間がかかりますし、活動中も意外とお金もかかります。また、やっとのことで新しい仕事をみつけても貰える給料は前職の3分の1程度ということはよくある話です。どうしても住宅ローンを早期に完済できなければ、早めはやめに手を打って仕事探しを始めていた方がいいです ・・・

住宅ローンの返済を考慮 の続きを読む