サイトイメージ

50代の転職は求人をチェック

50代の転職活動をする最初のステップは、
求人情報のチェックになるかと思われます。

求人情報のチェックをする時に、給料についてはほぼ確実にチェックをしているのではないかと思います。 しかしもし額面だけをチェックしているのであれば、転職をした後に後悔してしまう可能性がありますので注意しましょう。

50代であれば、子供が大学生で、まだまだ教育費がかかる可能性もあります。 ですから、給料の額が気になると言うのは分かります。 しかし加えて、会社の福利厚生制度がどのようになっているかということについても、しっかりとチェックすることは重要です。

福利厚生制度ですが、2種類に分類することができます。

福利厚生制度は、国や地方自治体によって、法律をベースにして行うものがあります。 こちらを順守している会社が一つ目のタイプです。

そしてもう一つは、会社独自で行っている福利厚生についてチェックしましょう。 住宅手当が付いてくるか、住宅資金融資制度が確立しているか、社員食堂が付いているかということをチェックしてみましょう。

このような福利厚生が充実していることで、出費を最小限に抑えることができます。 給料が安くても、福利厚生が充実していれば、そちらの方が条件も良くなることもあります。

他には、50代で就業して、昇給の可能性があるのかどうかについてもチェックしましょう。 最初の給料が高くても、昇給の可能性がないのであれば、あまり魅力的ではないかもしれません。

記事一覧
福祉業界の求人 サイト活用で求人情報を


50代転職を徹底応援します

求人情報を探す上で50代のあなたが目のあたりにする現実は厳しいものです。しかし、たとえ50代であろうと転職に成功する人は成功します。

50代のあなたがこれから成功を勝ち取るため、具体的な戦略を5つの項目にまとめました。転職を真剣に考える方は以下をじっくりと熟読下さい。

50代中高年求人探しの5つのポイントを読む



50代転職お勧めサイト

ランキング1位 スカウト機能が充実 リクナビNEXTはお勧めNO1

イメージ

リクナビNEXTは、50代求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に50代の方でも、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む

⇒リクナビNEXTのHPに行く



福祉業界の求人

福祉に関する求人について考えてみたいと思う。50代で転職をするには、当たり前だが、50代の人を受け入れてくれる求人がなくては話しにならない。

日本に至っては、バブル崩壊後、慢性的な不景気な雰囲気が漂っていて、好況時も実感なき好景気と言われた程であった。そんな日本で人不足に陥っている業界と言えば、医療・福祉業界であろう。

医師不足の深刻さによる悲劇は新聞やTVなどのメディアを通じて知ることもできる。また、超高齢化社会に突き進む我が国で要介護者の世話をする介護職員の不足も益々、問題視されることになろう。

だが、受け入れてくれる求人情報を探すだけでも、多大な労力である。効率よく、求人を見つけるには、人材バンクへの登録がよいだろう。

希望業界・職種において、前述した医療・福祉業界のような人材不足の業界への転職ならば、人材バンクから、いくつかの企業を紹介してもらえる可能性がある。それとは別に自分自身も転職活動をすることで、更にチャンスの幅を拡げることができるかもしれない。雇用の間口が狭くならざるを得ない。いかに情報を集め、チャンスを逃さないかであろう。

人材バンクのよいところはお互いの要望を加味した上で需要と供給を繋いでくれることである。福祉の仕事は体力のいる厳しい業界であると思う。しかし、確実に増え続ける高齢者への対応を考えた場合、福祉の中でも特 ・・・

福祉業界の求人 の続きを読む

サイト活用で求人情報を

ウェブサイトについて考えてみたい。日本のインターネット普及率は米国に次いで世界第二位だという。間違いなく日本社会のインフラとして定着している。今やインターネットを通じて見ることができるウェブサイトから手に入らないものがないのではないかと思うくらい、便利な世の中を作り出した。

検索サイトを通じて、自分の知りたいキーワードを入れれば、何千・何万ともなる膨大な量のウェブサイトが出現する。50代で就職を希望するならば、情報収集も兼ねて、転職関連のウェブサイトや人材バンクや人材派遣会社などのウェブサイトを参考にしてもらいたい。

特に人材バンクはたいへん転職活動を支援してくれる。自分のキャリアやスキルを登録すれば、必要としてくれる企業からオファーが入る可能性もある。また、何十万社という登録があるが、条件を設定して絞ることで、自分で人材バンクのウェブサイトから条件に合致した企業だけを抽出することも可能である。時間も効率的に使え、履歴書や職務経歴書もサイト登録時に作成することができる。

成功させる為にも、このようなツールを積極的に使っていきたい。人より長けたキャリアや ・・・

サイト活用で求人情報を の続きを読む