サイトイメージ

求人情報の探し方

求人情報の探し方を考えた場合、会社のホームページでひとつずつ求人情報をチェックするという探し方、あるいは新聞の求人情報を活用する探し方などが思いつきます。また、その他にエージェントなどの転職支援会社を活用するという方法も考えられます。
とはいっても一般的なエージェントや派遣会社、転職支援会社を選ぶ際、メインとする年代がある程度決まっていますので、50歳代以上でも求人を扱っている会社を選んでいく必要があります。

探し方のコツとしては銀行などの金融機関での勤務経験がある方なら、金融機関に特化した会社、あるいは営業経験を活かすのであれば営業関連に特化、あるいは専門とした人材会社を利用するということです。
つまり、探し方の手順として、50歳代以上という条件から探すのではなく、これまで経験した職務経験から探していくわけです。そうすることでこれまでの経験を求めている会社を見つけ出すことができるケースもあります。

新聞の探し方の場合も同様です。ただ漠然と新聞の求人情報を眺めるのではなく目的をもって見ます。
例えばメジャーな新聞各紙では、強みを持っている分野が異なります。例えば、朝日新聞であれば事務やマスコミの求人情報に強く、読売新聞はサービス系、日経新聞は金融系、夕刊紙などではサービスや営業系が強い傾向があります。

転職できる会社ならばどこでもいいと妥協するのではなく、自分の職務経験を積極的に求めている会社を見つけ出すという姿勢が重要になります。

求人情報


50代転職を徹底応援します

求人情報を探す上で50代のあなたが目のあたりにする現実は厳しいものです。しかし、たとえ50代であろうと転職に成功する人は成功します。

50代のあなたがこれから成功を勝ち取るため、具体的な戦略を5つの項目にまとめました。転職を真剣に考える方は以下をじっくりと熟読下さい。

50代中高年求人探しの5つのポイントを読む



50代転職お勧めサイト

ランキング1位 スカウト機能が充実 リクナビNEXTはお勧めNO1

イメージ

リクナビNEXTは、50代求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に50代の方でも、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む

⇒リクナビNEXTのHPに行く