サイトイメージ

厚生労働省の人材銀行

厚生労働省の機関である人材銀行は、50代で転職の際のひとつの求人情報となります。
人材銀行は全国12所(札幌、埼玉、千葉、東京、神奈川、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡)に設置された厚生労働省の機関で、概ね40歳以上を対象としています。

人材銀行は、職業相談や職業紹介、雇用相談を全て無料で行い、求職者のこれまでの経験や能力に個別にできるだけ対応したサービスを行っています。
これまでの経験や能力とは、紹介される企業によって求められるものは異なりますが、基本的に50代であれば、マネジメントなどの管理系の職業やこれまで培った専門的知識、技術などが挙げられます。

具体的に、東京の人材銀行のホームページでどのような人材が求められているか調べてみたところ、例えば管理的な職業では、人事課長、総務部長、営業課長、企画室長、工場長、支配人、事務長などこれまでマネジメント能力を発揮していた役職などについていた人が求められます。
技術職で求められるのは、機械技術者、電気技術者、研究開発、土木・建築技術者、SEなどの経験者です。
そのほかには薬剤師、翻訳・通訳、広告企画、デザイナー、編集など専門的知識と経験をもった人などが例として人材銀行のホームページ(東京)で挙げられています。
しかし、必ずしも上記の経験者を常に求めているとは限りません。状況によっては上記の募集がないケースもあります。逆に人材銀行の求人情報をこまめにチェックすることで、新規の案件を見つけることもできるでしょう。

人事銀行の求人情報は、これまでの経験や専門的知識が問われる求人情報ですので、50代でも可能な案件をいくつか見つけることができるかもしれません。

求人情報


50代転職を徹底応援します

求人情報を探す上で50代のあなたが目のあたりにする現実は厳しいものです。しかし、たとえ50代であろうと転職に成功する人は成功します。

50代のあなたがこれから成功を勝ち取るため、具体的な戦略を5つの項目にまとめました。転職を真剣に考える方は以下をじっくりと熟読下さい。

50代中高年求人探しの5つのポイントを読む



50代転職お勧めサイト

ランキング1位 スカウト機能が充実 リクナビNEXTはお勧めNO1

イメージ

リクナビNEXTは、50代求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に50代の方でも、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む

⇒リクナビNEXTのHPに行く