サイトイメージ

活動するための期間

活動期間も長期間要する可能性があることを念頭に取り組む必要があるだろう。それは50代は企業側の需要が若年層に比べ、どうしても少ないからである。また企業側も就職希望者に求めるものは、専門性であり、キャリアであり即戦力として人材を活用したいからである。

能力が同じでより年齢が若ければ、企業は若い人を採用するはずだ。最後の決め手にハンデを抱えている。日本経済が活力を失い、雇用情勢も厳しい中で短期間で就職先を見つけるには結果は出すのは難しい。それは、活動をよく知り、よく学び、都度、自分の能力を高めていかなければならない。

コツを掴むことも重要なことである。仮に期間が長期に渡った時は、失業保険等の手当ても忘れずに給付してもらうことを忘れないで欲しい。受給される為には、3ヶ月の給付制限があるので、その期間を超えた場合は受給資格を得られる。

期間中は収入がなく、貯金がある場合、貯金を切り崩しながら活動を続けなければならない。失業保険は労働者としては当然の権利であるのだから、経済面で活動を支えてもらいたい。そして、何より、早期に転職先が見つかれば収入の問題は解決されます。

50代は年齢が一番のハンデになるということは前述しましたが、転職活動が長引けば長引くほど、そのハンデとなる年齢を重ねることになってしまいます。履歴書に記載してある年齢が変わらない期間をタイムリミットとして希望の転職先が見つかるよう取り組んでもらいたい。

お勧めの活動法


50代転職を徹底応援します

求人情報を探す上で50代のあなたが目のあたりにする現実は厳しいものです。しかし、たとえ50代であろうと転職に成功する人は成功します。

50代のあなたがこれから成功を勝ち取るため、具体的な戦略を5つの項目にまとめました。転職を真剣に考える方は以下をじっくりと熟読下さい。

50代中高年求人探しの5つのポイントを読む



50代転職お勧めサイト

ランキング1位 スカウト機能が充実 リクナビNEXTはお勧めNO1

イメージ

リクナビNEXTは、50代求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に50代の方でも、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む

⇒リクナビNEXTのHPに行く