サイトイメージ

50代からの職業とマネジメント

50代からの転職において職業別に職務経歴書の書き方を記載したいと思います。
これまでどのような職業を経験してきたかによって、書き方にポイントがありますが、50歳から転職する場合、どのような職業であれ、マネジメント能力を問われる傾向があります。

例えば、営業職などの職業を経験してきた方は、今まで販売実績や売上高、契約件数といった実績を具体的な数字で表すことは最低条件です。
さらに、中高年になると、チームをマネジメントしチーム全体の結果を出せるマネジメント能力が求められるケースもあります。
そのため、社内、あるいはチーム、個人における目標とその達成率なども記載しておく必要があります。個人的な実績だけでなくマネジメント能力も付け加えるのがポイントになります。

次に事務職などの職業を経験されてきた方は、営業職と比べると数字を使った説明ができません。そのため、仕事に対する問題意識や資格取得などの向上心、さらにコミュニケーション能力といった部分に力を入れて記載し、ライバルに差をつけるという方法があります。

その他に、販売職などの職業を経験されてきた方は、パートやアルバイト、社員の教育といったマネジメント能力を求められる傾向もあります。そのため、営業職と同様、売り上げや目標数字、それに対する達成度合い(任されていた売り場全体の)などの具体的な数字を盛り込みましょう。
さらに、商品に対する専門的な知識も当然求められてくるので、自分がこれまで取り扱ってきた商品や市場、あるいはどのような顧客をターゲットにしてきたかも最低限盛り込まなければならないでしょう。

50代からの転職可能性を広げる


50代転職を徹底応援します

求人情報を探す上で50代のあなたが目のあたりにする現実は厳しいものです。しかし、たとえ50代であろうと転職に成功する人は成功します。

50代のあなたがこれから成功を勝ち取るため、具体的な戦略を5つの項目にまとめました。転職を真剣に考える方は以下をじっくりと熟読下さい。

50代中高年求人探しの5つのポイントを読む



50代転職お勧めサイト

ランキング1位 スカウト機能が充実 リクナビNEXTはお勧めNO1

イメージ

リクナビNEXTは、50代求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に50代の方でも、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む

⇒リクナビNEXTのHPに行く