サイトイメージ

転職を可能にする努力

50代からの転職は本当に可能なのか・・・?活動に思うような成果が得られないとこのような思いがこみ上げてくるのも仕方がありません。
しかし、50代からの仕事探しは不可能というわけではありません。一見、不可能に思われる現状でも、しっかりと仕事先を見つけている方もいるのは事実です。50代からの活動に成功した人たちがどのような努力を行い、どのような点に一番力を入れているのか少しでも可能性を広げるためにできる努力の方法について考えたいと思います。

成功した人たちが行ってきたことは何も特殊なことではありません。
まず、最も成功率が高いのがコネです。これまでの仕事を通じて知り合った取引先など、ひとつでも多くあたってみる努力をしてみましょう。コネを探す場合、取引先だけでなく、友人、知人、家族も積極的に当たります。意外にも息子から転職先を紹介されて成功したケースもあるのであなどれません。

ではコネがない場合どうしたらいいか。
まずは求人情報を提供し、活動をサポートしてくれるエージェントに登録します。次章でも記載しますが、活動をサポートしてくれるエージェント選びは重要です。
誰にでもできるような一般的な応募の場合、確かに年齢というハンデは比較的大きくなる傾向はあります。しかし、これまで培ってきた経験、専門的スキルにフォーカスして募集を探すと転職の可能性は広がります。
そのような時、自分が希望する業界や職種に特化、あるいは専門としているエージェントを見つけ出すことが重要になります
そういったエージェントを見つけ出すことができれば、コンサルタントに何ができるか伝わりやすく、自分自身をうまくアピールできるでしょう。
また、ハローワークなど公的支援は応募がかなり集まります。そのためなかなか思うような成果につながらないケースもありますので、専門分野を活かして民間の支援会社でさがしてみる方がよいです。

次に応募企業の自己紹介である応募書類の「作りこみ」を徹底的に行うということです。これも、自分ひとりでは判断しづらい部分もありますが、これまでに多くの仕事先を見つけてきた実績のあるエージェントであれば的確なアドバイスをしてくれ、可能性を広げることができます。その他に可能性を広げるためにできる努力として応募企業を増やす有利になる資格を取得するという方法があげられます。王道ですが皆同じ立場なので、可能性を少しでも広げる為こういった努力を惜しまないようにしたいです。

50代からの転職可能性を広げる


50代転職を徹底応援します

求人情報を探す上で50代のあなたが目のあたりにする現実は厳しいものです。しかし、たとえ50代であろうと転職に成功する人は成功します。

50代のあなたがこれから成功を勝ち取るため、具体的な戦略を5つの項目にまとめました。転職を真剣に考える方は以下をじっくりと熟読下さい。

50代中高年求人探しの5つのポイントを読む



50代転職お勧めサイト

ランキング1位 スカウト機能が充実 リクナビNEXTはお勧めNO1

イメージ

リクナビNEXTは、50代求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に50代の方でも、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む

⇒リクナビNEXTのHPに行く