サイトイメージ

50代からの転職可能性を広げる

自分の可能性を広げたいと思って、
50代の方が転職を希望することも最近では多いようです。

50代の転職となると、会社の中でもそれなりの責任ある立場になっている人もいるのではないでしょうか? それだけの経験を持っているのであれば、自分の可能性をほかの会社で生かしてみたいという野心を持つこともあるかもしれません。

可能性を広げるという意味では、ハイクラス求人で情報収集してみると良いでしょう。 ハイクラス求人は、それなりの責任あるポジションを担ってくれるような人材を募集していることが多いです。

ハイクラス求人は、年収についても魅力的な案件も結構あります。
場合によっては、年収1000万円を超えるような案件が募集されていることもあります。

このようなハイクラス求人をチェックするためにはどのようにすればいいのでしょうか?

それは人材紹介会社、しかも特定の業界に特化して情報提供をしている人材紹介会社に登録することが重要になります。 そうすれば、自分の可能性を広げることができるような案件を見つけることもできるでしょう。

そのためには、まず可能性を広げる手段を検討すべきです。

今のままの業界で、引き続き仕事を続けることで可能性を広げることができるかどうか、考えてみましょう。 もし無理なのであれば、他の業界についても視野を広げる必要があります。

しかし全く関係のない世界に50代から飛び込むのは少し厳しいでしょう。 そこで今の業界に関係している所に転職すべきです。

記事一覧
転職を可能にする努力 50代からの職業とマネジメント


50代転職を徹底応援します

求人情報を探す上で50代のあなたが目のあたりにする現実は厳しいものです。しかし、たとえ50代であろうと転職に成功する人は成功します。

50代のあなたがこれから成功を勝ち取るため、具体的な戦略を5つの項目にまとめました。転職を真剣に考える方は以下をじっくりと熟読下さい。

50代中高年求人探しの5つのポイントを読む



50代転職お勧めサイト

ランキング1位 スカウト機能が充実 リクナビNEXTはお勧めNO1

イメージ

リクナビNEXTは、50代求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に50代の方でも、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む

⇒リクナビNEXTのHPに行く



転職を可能にする努力

50代からの転職は本当に可能なのか・・・?転職活動に思うような成果が得られないとこのような思いがこみ上げてくるのも仕方がありません。
しかし、50代からの転職は不可能というわけではありません。一見、不可能に思われる現状でも、しっかりと仕事先を見つけている方もいるのは事実です。成功した人たちがどのような努力を行い、どのような点に一番力を入れているのか少しでも可能性を広げるためにできる努力の方法について考えたいと思います。

成功した人たちが行ってきたことは何も特殊なことではありません。
まず、最も成功率が高いのがコネです。これまでの仕事を通じて知り合った取引先など、ひとつでも多くあたってみる努力をしてみましょう。コネを探す場合、取引先だけでなく、友人、知人、家族も積極的に当たります。意外にも息子から転職先を紹介されて成功したケースもあるのであなどれません ・・・

転職を可能にする努力 の続きを読む

50代からの職業とマネジメント

職業別に職務経歴書の書き方を記載したいと思います。
これまでどのような職業を経験してきたかによって、書き方にポイントがありますが、50代から転職する場合、どのような職業であれ、マネジメント能力を問われる傾向があります。

例えば、営業職などの職業を経験してきた方は、今まで販売実績や売上高、契約件数といった実績を具体的な数字で表すことは最低条件です。
さらに、中高年になると、チームをマネジメントしチーム全体の結果を出せるマネジメント能力が求められるケースもあります。
そのため、社内、あるいはチーム、個人における目標とその達成率なども記載しておく必要があります。個人的な実績だけでなくマネジメント能力も付け加えるのがポイントになります。

次に事務職などの職業を経験されてきた方は、営業職と比べると数字を使った説明ができません。そのため、仕事に対する問題意識や資格取得などの向上心、さらにコミュニケーション能力といった部分に力を入れて記載し、ライバルに差をつけるという方法があります。

その他に、販売職などの職業を経験されてきた方は、パートやアルバイト、社員の教育といったマネジメント能力を求められる傾向もあります。そのため、営業職と同様、売り上げや目標数字、それに対する達成度合い(任されていた売り場全体の)などの具体的な数字を盛り込みましょう。
さらに、商品に対する専門的な知識も当然求められてくるので、自分がこれまで取り扱ってきた ・・・

50代からの職業とマネジメント の続きを読む