サイトイメージ

転職回数が多いのは不利?

回数により、採用にどの程度、影響するのだろうか。
転職回数といっても理由は様々である。引き抜きによる理由自己都合による理由会社都合による理由などなど。また、同業他社で経験を活かしたステップアップであるのか。また、完全に異業種であるのか。
回数が多い場合、企業として心配するのが採用して長続きするのであろうかというところである。

しかし、50代ともなれば、就業年数も限られてくることから、回数を問われるとしたら、キャリアの積み上げであろう。同業他社を渡り歩き、その度に一社での経験では得られないくらいのキャリアを積んできたとしたら、多い場合でも、それは有益な経歴である。
全く異なる業界を渡り歩いてきた場合、全てがキャリアアップに繋がっていないわけではないが、専門性という意味ではキャリアアップには繋がってはいないであろう
後者の場合、50代の再就職活動に更にハンデが加わることになる。年の功ではないが、50代の就職でアピールできるところはキャリアである。様々な職場で働いた経験が多い=キャリアアップではなく、長続きしないという風に面接官に見られてしまえば、採用面接で致命傷になりかねません。

やはり回数が多いと、なかなか成果や実績と呼べるものが作れずに、自己アピールに繋がらない。
「回数が多い」とは何回からをいうのかという定義はもちろんないが、前述した自己アピールできるだけの成果を作れる社歴を考えると、自ずと回数も制限され、多い数にはならないのではないか。

そう考えれば多いという印象を持たれた場合、採用に不利に働くケースの方が多いかもしれない。それを前提に面接でどのように切り返すのか一度良く考えておきたいところです。

転職回数


50代転職を徹底応援します

求人情報を探す上で50代のあなたが目のあたりにする現実は厳しいものです。しかし、たとえ50代であろうと転職に成功する人は成功します。

50代のあなたがこれから成功を勝ち取るため、具体的な戦略を5つの項目にまとめました。転職を真剣に考える方は以下をじっくりと熟読下さい。

50代中高年求人探しの5つのポイントを読む



50代転職お勧めサイト

ランキング1位 スカウト機能が充実 リクナビNEXTはお勧めNO1

イメージ

リクナビNEXTは、50代求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に50代の方でも、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む

⇒リクナビNEXTのHPに行く