サイトイメージ

転職回数

転職をする時に転職回数が問題になることがあります。
回数が多ければ多いほど、なかなか就職することができないと言われています。

なぜ回数が多いと就職に不利になってしまうのでしょうか?

これは、回数が多いことが、
踏ん張りの聞かない人材と思われることが原因のようです。

すなわち、たくさん会社を辞めているということは少し何か壁に当たった時、上司に何か言われた時にすぐにやめてしまう人と思われてしまうのです。
その結果、採用してもどうせすぐにやめてしまうと思われて、なかなか採用されなくなるわけです。

しかし回数が多くても、就職先を見つけることは十分に可能です。

なぜいろいろな会社を転々としているのかについてきちんと理由を説明すればいいのです。 例えば、会社都合のリストラが多分に含まれているのであれば、その辺の所はきちんと考慮してくれるはずです。

自分で説明をすることができればいいのですが、中には自信が持てないと言う人もいるでしょう。 その場合のために人材紹介サイトを利用することです。

そうすれば、キャリアコンサルタントがあなたの担当をしてくれます。

そしてあなたを紹介しようと思っている会社に対して、あなたのプレゼンをしてくれます。 回数が多くても、このように優秀であるということを説明してくれるので、不利になることはありません。

実際の事例でも、50代で10回近く会社を変えてことがある人でも就職することができたという事例はあります。 50代で転職回数が多くても決してあきらめないことです。

記事一覧
転職回数が多いのは不利? 職務経歴書は回数より見せ方


50代転職を徹底応援します

求人情報を探す上で50代のあなたが目のあたりにする現実は厳しいものです。しかし、たとえ50代であろうと転職に成功する人は成功します。

50代のあなたがこれから成功を勝ち取るため、具体的な戦略を5つの項目にまとめました。転職を真剣に考える方は以下をじっくりと熟読下さい。

50代中高年求人探しの5つのポイントを読む



50代転職お勧めサイト

ランキング1位 スカウト機能が充実 リクナビNEXTはお勧めNO1

イメージ

リクナビNEXTは、50代求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に50代の方でも、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む

⇒リクナビNEXTのHPに行く



転職回数が多いのは不利?

回数により、採用にどの程度、影響するのだろうか。
転職回数といっても理由は様々である。引き抜きによる理由自己都合による理由会社都合による理由などなど。また、同業他社で経験を活かしたステップアップであるのか。また、完全に異業種であるのか。
回数が多い場合、企業として心配するのが採用して長続きするのであろうかというところである。

しかし、50代ともなれば、就業年数も限られてくることから、 ・・・

転職回数が多いのは不利? の続きを読む

職務経歴書は回数より見せ方

履歴書はその人のおおまかな経歴止まりで、深く掘り下げた内容の記載はないものである。
職務経歴書はその人がどのようなポジションでどのような取り組みから成果を得たかというリアルな状況が伝わるほうが有効である。実際、採用後に働いてもらうことを考えた場合、職務経歴書からの方がその人の活躍をイメージしやすいであろう。

採用する側にとっては履歴書以上に重要な書類となってくる可能性が高い為、職務経歴書の作成には、慎重かつ丁寧に作成する必要があろう。内容も実績に基づいた数字を使って説明するなど説得力のある見せ方が有効である。
数字も漠然と数字の羅列では規模観や相場観などが相手に伝わりにくい為、金額などの数字はその金額がいかに実績として大きいものかを伝えられると効果は更に高くなるのでないだろうか。
回数が何度かある場合は、その時々で就業していた企業での実績を挙げることになるので、先ほどの数字の規模観や相場観を同列に見ることができない為、作成時には気をつけたい。

職務経歴書に限らないが、文章も50代ともなれば、誰が見ても恥ずかしくのないレベルで仕上げたい。
文章能力に関しても要求されることになろう。実際には、業務上、ビジネス文書を作成したり、レポートを作成したりということがビジネスの世界では日常茶飯事である。それだけに、質と内容共に高いレベルが50代の再就職には必要であることを肝 ・・・

職務経歴書は回数より見せ方 の続きを読む