サイトイメージ

50代女性の転職活動

基本的に転職活動と言うのは、
年齢が上になればなるほど難しくなると言われています。

そして男女平等ということが言われていますが、男性と比較して女性の方が、年齢が上になると転職はさらに厳しくなると言われています。 50代の女性が転職をするとなると、結構厳しい就職活動になってしまうかもしれないと覚悟をしておく必要はあります。

基本的に女性の場合、30代に突入してしまうと、なかなか職を変えることが難しくなると言われています。 今後ますます女性の社会進出が進むにつれて、50代でも仕事を変えることもできるようになるかもしれません。

しかし今は生易しいものではないということも理解しておきましょう。

もし仕事と言う所にこだわるのであれば、働き方を変えてみるのはいかがでしょうか? つまり、正社員にこだわらない形で、就職活動をしていくわけです。

具体的には、派遣社員やパートと言う形で働くことも視野に入れてみましょう。
そうすれば、50代の女性でも受け入れてくれるような案件がいろいろと出てきます。

まず中高年の女性が働き口を見つけるためには、妥協をすることも必要であることを理解しましょう。 パートや派遣であれば、収入は少ないかもしれません。

しかし会社の中には、働きが良ければ、正社員として昇格させることもあります。 ですから、派遣やパートでもあきらめずに、正社員への道を探ってみることもいろいろと模索していきましょう。 女性の就職活動は厳しいのが現状です。

記事一覧
福祉の仕事に就く女性 資格を武器にする女性


50代転職を徹底応援します

求人情報を探す上で50代のあなたが目のあたりにする現実は厳しいものです。しかし、たとえ50代であろうと転職に成功する人は成功します。

50代のあなたがこれから成功を勝ち取るため、具体的な戦略を5つの項目にまとめました。転職を真剣に考える方は以下をじっくりと熟読下さい。

50代中高年求人探しの5つのポイントを読む



50代転職お勧めサイト

ランキング1位 スカウト機能が充実 リクナビNEXTはお勧めNO1

イメージ

リクナビNEXTは、50代求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に50代の方でも、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む

⇒リクナビNEXTのHPに行く



福祉の仕事に就く女性

福祉業界は女性にとって比較的参入しやすい分野といえます。転職は厳しい。更に社会は未だ男性上位の風潮があります。女性の場合、更に輪をかけて厳しいものである。その中で、できるとするならば、現在、人不足の業界であろう。医療・福祉業界は、超高齢化社会化になるに連れ、益々、老齢者を世話する人材は間違いなく不足するだろう。

また、現在の日本は世界的に見ても、ワースト1の大借金国である。社会福祉の充実を国家・政府に求めることは、たいへん酷であるし期待できない。人材不足著しい福祉業界では、年齢や性別にこだわってまで、人材を厳選する余裕はない。だからこそ、福祉業界には50代であっても、女性であっても受け入れられる可能性がある。

また、福祉の仕事も多岐に渡る、現場職である介護だけでなく、相談員のような比較的、身体的な負担が軽い職種もある。50代の女性であれば、相談職は人材として適正ではないだろうか。人生経験も豊富であり、相談相手が老齢者であれば、若い20〜30代の相談員よりも相談しがいがあり、話題の幅も広くなることだろう。また、男性よりソフトなイメージである女性の方がより良いことだろう。

では、50代で福祉以外の仕事は転職できないのか?
福祉の仕事に限らないが人材不足の業界ならば就職できる可能性が高 ・・・

福祉の仕事に就く女性 の続きを読む

資格を武器にする女性

資格が転職の武器になることは間違いない。では、資格と名が付くならどんなものでも構わないのか?そういうわけではない。進みたい業界に特化した資格であることが好ましい。特に士業はその典型である。

士業と言えば、弁護士であり、公認会計士であるが、難易度は超が付くほど高く、そのイメージは男性が強い。しかし、そのくらいハードルが高い資格を有していれば、女性であっても活躍できる可能性は高い。それだけでなく、独立も可能である。そういった特別な場合を除けば、宅地建物取引主任者や薬剤師や保育士など業を営む為に法律で定められた人数の規定があるものは狙い目である。

例えば一事業所に5人に1人は、有資格者でなくてはならない場合で、その有資格者の規定人数に達していない ・・・

資格を武器にする女性 の続きを読む