サイトイメージ

50歳代以上の金融出身者

50代で転職しようと思っている人の中には、
金融業界経験者の方もいるかもしれません。

その場合にはまず、金融機関で50代の人材を募集している所がないかどうかチェックしてみましょう。 金融業界の経験者であれば、多少年齢が上でも転職できる可能性はあります。

またせっかく転職をする以上、異業種の世界で働いてみたいと思っている人もいるのではないでしょうか? その場合には、営業の仕事を探してみることをお勧めします。

金融の仕事は、お客さんと対面をして仕事をすることが多いかと思われます。
ですから、営業のような接客の商売は今までの経験を発揮しやすい仕事と言うことができるわけです。

金融関係で就職活動をする場合も、基本的には求人情報の収集する所から始まります。

しかしこの時、年齢で検索をするのはやめましょう。 むしろ、経験でチェックをすることが重要です。

今までの自分の経験を生かすことができるような案件はないかどうかチェックしましょう。 もし多少年齢制限からオーバーしていても、あなたの経験が売りになるのであれば、採用される可能性もあります。

また新聞を使って、金融関係の就職情報をチェックする用法もあります。
できれば、経済を取り扱っている新聞の求人広告をチェックしましょう。 他の新聞と比較して、経済に強い新聞の方が、金融関係の求人を取り扱っていることが多いです。

まずは地道に自分にあっている求人情報がないかどうか、集める所からはじめていきましょう。

記事一覧
50歳代以上の証券営業 50歳代以上の銀行出身者 生命保険出身者


50代転職を徹底応援します

求人情報を探す上で50代のあなたが目のあたりにする現実は厳しいものです。しかし、たとえ50代であろうと転職に成功する人は成功します。

50代のあなたがこれから成功を勝ち取るため、具体的な戦略を5つの項目にまとめました。転職を真剣に考える方は以下をじっくりと熟読下さい。

50代中高年求人探しの5つのポイントを読む



50代転職お勧めサイト

ランキング1位 スカウト機能が充実 リクナビNEXTはお勧めNO1

イメージ

リクナビNEXTは、50代求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に50代の方でも、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む

⇒リクナビNEXTのHPに行く



50歳代以上の証券営業

証券営業経験者の募集について、会社が50歳代以上に求める人材について話したいと思います。
50歳代以上にもなると、証券会社にもよりますが基本的に入社して3ヶ月以内にある程度の数字が出せる「即戦力となる人員」が求められます。
ここでいう「即戦力となる人員」とは、営業結果を残すことができるだけでなく、チームをまとめることができるマネジメント能力も持つ人材という意味です。 つまり、50歳以上で証券会社の営業職に転職する場合、営業結果としての数字も毎月コンスタントにきちんと出しつつ、チームをマネジメントし、チーム全体の営業成績を ・・・

50歳代以上の証券営業 の続きを読む

50歳代以上の銀行出身者

銀行などの金融機関で50歳代以上の求人を探す場合、どのような仕事内容があり、どのような職務経験が求められるか?一例を挙げたいと思います。

まず銀行へ転職する場合、基本的に職務経験として銀行勤務経験者が希望されます。ただどのような職務経験が求められるかは、仕事内容に応じてさまざまです。そのため、自分の職務経験によっては銀行だけでなく、グループ会社での契約・嘱託社員と幅を広げて探してみてもいいかもしれません。

50歳代以上で求められる職務経験として、融資営業経験もそのひとつです。
主な仕事内容は融資先への対応業務です。仕事内容はコンサルティング的な部分もあり、返済計画の作成や進捗管理、監督官庁への報告書作成といった内容になります。
このようなお仕事では、銀行や信用組合、信用金庫における融資営業経験があれば50歳代以上で ・・・

50歳代以上の銀行出身者 の続きを読む

生命保険出身者

生命保険会社に転職するケースを考えて見ましょう。
生命保険会社において50歳代以上が求められる仕事内容や職務経験はどのようなものか?生命保険会社の仕事というと、一般的なイメージとして個人向けに新規開拓を行う営業中心の仕事を想像します。もちろん、そのような個人向けの販売もあります。

しかし、50歳代以上になるとその他に、これまでの生命保険会社での営業経験を活かして、部下を育てつつ、自分自身の個人としての成績も出すプレイングマネージャー的な役割も求められます。また、育てるのは自分の直属の部下とは限りません。その会社の保険商品を取り扱っている企業、例えば銀行などに出向き、銀行員向けに保険商品の説明を行ったり、セールストークの研修、販売サポートなどを行うなど指導的立場で結果を残せる人材が求められます。

外資系など国外の生命保険会社では、査定ができる人材を求めるケースがあります。 例えば、支払査定折衝業務を行うために、生命保険会社などでの新契約審査折衝業務経験者、保険金の支払い折衝業務を行うための支払い折衝業務経験者がそれにあたります。

こういった求人情報は、50歳代以上で検索をかけて転職先を探すとなかなか探し出すことができません。そのため金融機関に特化した、あるいは専門のエージェントを探した方が見つかりやすい傾向があります。
金融機関に特化したエージェントを見つけ出すことができれば自分の職務経験を積極的に求める会社を見つけることが ・・・

生命保険出身者 の続きを読む