サイトイメージ

派遣での雇用

50代の方で転職をしようと思っている人もいるかもしれません。

しかし50代で、正社員待遇で転職することができるのはなかなか少ないかもしれません。
そこで正社員にこだわらずに、職探しをしてみると言う方法をとってみるのはいかがでしょうか?

例えば、派遣として仕事をするという方法もあります。
派遣まず派遣会社に登録します。

派遣会社とは、派遣スタッフに対して仕事の紹介をしてくれる所のことを指します。 そしてその派遣先に納得すれば、派遣先に行って、一定の期間仕事をする職種を指します。

派遣のシステムは、通常の正社員のシステムとは異なりますので、注意しましょう。 派遣社員は、派遣会社の飽くまでもスタッフです。

つまり、給料は派遣先から貰うのでなく、派遣会社から貰う形になります。

派遣社員は、どうもいいイメージを持っていない人も多いようです。
派遣切りと言った言葉を聞くと、どうしてもマイナスのイメージを持ってしまう人も多いのではないでしょうか?

しかし派遣として働く方法には、メリットもあります。
例えば、基本的に派遣とは、残業のない仕事が中心となります。

定時に帰宅することができるので、深夜遅くの帰宅・早朝の出勤と言うことはまずありません。 中高年にもなってくると、さすがに身体の無理もきかなくなっているのではないでしょうか?

そのような人には、残業なしという仕事の形態には、大きなプラスがあるとも言えるのではないでしょうか?

記事一覧
派遣で50代からの福祉業界 派遣登録はお勧め


50代転職を徹底応援します

求人情報を探す上で50代のあなたが目のあたりにする現実は厳しいものです。しかし、たとえ50代であろうと転職に成功する人は成功します。

50代のあなたがこれから成功を勝ち取るため、具体的な戦略を5つの項目にまとめました。転職を真剣に考える方は以下をじっくりと熟読下さい。

50代中高年求人探しの5つのポイントを読む



50代転職お勧めサイト

ランキング1位 スカウト機能が充実 リクナビNEXTはお勧めNO1

イメージ

リクナビNEXTは、50代求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に50代の方でも、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む

⇒リクナビNEXTのHPに行く



派遣で50代からの福祉業界

福祉業界への転職であれば、50代でも可能性が拡がる。しかし、専門的な仕事でもあることから、相応の資格は必要になってきます。福祉業界は昼夜を問わない仕事であり、慢性的な人不足でもある。

働き方も派遣雇用であれば、短期〜長期のものまで幅広い選択が可能である。50代の転職を成功させる為には、今までのキャリアと同業種というのが鉄則であるが、未経験の業界への挑戦を考えている場合、収入面の激減は覚悟しなければならない。

それは、福祉業界への挑戦であっても変わらない。しかし、他業種に比べ、収入面は良い。専門な分野であるということに加え、体力的にもきつい業種であり、また、人が不足していて人材を確保したいという業界の事情が金銭面にて優遇を促しているのかもしれない。

福祉の仕事といっても医療・保育・介護などなど何種かに分かれるが、50代が活躍の場を求めるとすれば、介護であろうか。体力的には厳しいものがあるが、看護士や保育士に比べれば馴染みやすい業態である。福祉の仕事であれば、正社員でなく、雇用であっても同様の仕事をすることができる。

なぜならば、資格があっての仕事であるからである。よって、正社員であろうが、派遣雇用であろうが、資格を保有していることが大前提 ・・・

派遣で50代からの福祉業界 の続きを読む

派遣登録はお勧め

派遣登録は50代であっても健康であるならば、問題なくすることができる。複数の人材派遣会社に登録しても、何ら問題ないので、登録社数を増やせば、それだけ職を得る可能性が高まる。

最初に前置きをした健康というのが鍵を握る。高齢の派遣労働はデスクワークのような事務職より体力を使う肉体労働が多いからだ。派遣期間は日雇い〜短期・長期間と働く期間も様々であるが、事務職の場合、スキルと熟練度が必要な為、日雇いは少ない。

50代の登録者に求められるのは、体力を使う肉体労働の方が多くなってしまう。しかも、日雇い〜短期間であるから、定職という観点からすると非常に不安定ではある。しかし、50代で定職を得る為の就職活動は場合によっては長い時間を要する可能性がある為、保険として登録をしておくのも手であろう。

無収入の状態が長く続き、心身共に疲弊してしまい、経済力まで底を尽きてしまっては、活動自体が台 ・・・

派遣登録はお勧め の続きを読む