サイトイメージ

不動産業界をチャンスと見る

不動産業界は大きな金額の取引であるので、営業する上でも高い専門知識・営業力が要求される。また、宅地建物取引主任者や不動産鑑定士など、その道に特化した資格も存在する。非常に難易度の高い仕事であることで、報酬に関しても他の業界よりも高い水準にあることが多い。

通常の営業と言うより高いコンサルティング能力も要求される上、営業職なので数値に残る厳しい世界でもある。お客様からも高額なお金をもらい受ける為、一案件の話が長期間に渡ることもある。
50歳代から、このような難易度の高い仕事への転職は難しいかと思われるが、案外、求人が多かったりする。それは、厳しい世界なだけに離職率も他の業界に比べ不動産業界は高い傾向にある。人の入れ替えも激しいということである。そこをチャンスと見るか、リスクと見るかは難しいところではあるが、チャレンジする価値はあると思う。

資格の効果も大きいと思う。宅地建物取引主任者は不動産業を営業する為には有資格者の法で定められた人数が存在する。定数に満たないもしくはギリギリで運営している不動産会社は有資格者を採用することで、定数をクリアできる。
有利な転職活動にする為には資格があった方が当然良い。しかし、不動産鑑定士は数ある資格の中でも難易度は最高レベルの資格である。目指すならば、宅地建物取引主任者あたりが実務にも近い上、努力次第で取得できない程の資格ではない為、有資格者を目指し、不動産業界への転身を成功させてもらいたい。

itや不動産業界


50代転職を徹底応援します

求人情報を探す上で50代のあなたが目のあたりにする現実は厳しいものです。しかし、たとえ50代であろうと転職に成功する人は成功します。

50代のあなたがこれから成功を勝ち取るため、具体的な戦略を5つの項目にまとめました。転職を真剣に考える方は以下をじっくりと熟読下さい。

50代中高年求人探しの5つのポイントを読む



50代転職お勧めサイト

ランキング1位 スカウト機能が充実 リクナビNEXTはお勧めNO1

イメージ

リクナビNEXTは、50代求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に50代の方でも、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む

⇒リクナビNEXTのHPに行く