サイトイメージ

マネージャー職とキャリア

IT業界で活躍するSEは経験や実績に基づいた実力の世界である。転職を繰り返すことで自身の年収を増加させながら、同業他社へ転身する人も少なくない。50代でIT業界を試みる場合、過去にプロジェクトマネージャーの経験や実績があれば可能性が増してくる。

プロジェクトマネージャーともなると、経験・実績はもちろんであるが、知識や資格も必要とされる。マネージャー職の転職で難しいところは就任当初から人の管理や業務の管理を任されることであろう。スキルや知識はあっても、使いどころがいまいち最初は掴めないものである。
また、人の管理は特に難しい。その会社でのキャリアは部下の方がはるかにある。自分の知らないことも多く、実際に指導をするというより、指導されるというケースの方が多いであろう。
いつまでも指導される側でいけないのがマネージャー職として辛いところであろう。自分の経験や知識を浸透させて、管理下にあるチームを強化しなければならない。

50代で仕事をみつけるは非常に厳しいことが多いが、キャリアと年齢をうまくアピールすることができれば、ハンデとして見られなくなるであろう。それは、アピールする本人の能力に関わるところである。マネージャーは業務レベルだけでなく、人を惹きつける能力も求められる。
人を管理するということはそういうことである。年の功を転職活動にも就職後の業務面にもうまく活かす方法を模索してもらいたいものである。

管理職


50代転職を徹底応援します

求人情報を探す上で50代のあなたが目のあたりにする現実は厳しいものです。しかし、たとえ50代であろうと転職に成功する人は成功します。

50代のあなたがこれから成功を勝ち取るため、具体的な戦略を5つの項目にまとめました。転職を真剣に考える方は以下をじっくりと熟読下さい。

50代中高年求人探しの5つのポイントを読む



50代転職お勧めサイト

ランキング1位 スカウト機能が充実 リクナビNEXTはお勧めNO1

イメージ

リクナビNEXTは、50代求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に50代の方でも、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む

⇒リクナビNEXTのHPに行く