サイトイメージ

年齢により減少する募集

年齢が高い人たちの割合が多くなる超高齢化社会が進む国になっていきます。日本は世界有数の長寿国です。それに反して少子化も進み労働人口は将来的には不足することになることでしょう。しかし、それによって50代の一般応募による正社員の求人が増えるのだろうか。深刻な人材不足に陥っている企業は年齢不問で採用するところは出てくるかもしれない。しかし、高齢者の雇用形態はアルバイト・パート・派遣のような一時雇用の可能性が高い。長期間計算できる労働力としては、正社員であり、若年者であろう。

いつの時代においても若い年齢からの育成が必要で、将来的な幹部候補として育てあげる必要があると思われる。50代の年齢で正社員採用に踏み切る場合は、キャリアを買っての、同業他社で幹部採用であったり、即戦力、即結果を求められるような立場での採用になることだろう。

その場合、転職活動はスムーズに行くかもしれないが、入社後はたいへん厳しい世界が待っているはずだ。また、年齢によって、企業側の採用活動も異なることとなることだろう。不特定多数を対象とした中途採用活動などに50代の希望者から応募があっても、現実的に採用は難しい。

やはり、年齢的なハンデがある。エージェントや人材紹介を利用するのが、一番、合理的な方法であろう。一般応募に年齢制限がなかったとしても、実務経験や専門スキルがないとエントリーできなかったりと、年齢が高まれば、高まるほどハードルは高くなる。転職に踏み切る時はエントリーできるキャリアやスキルがあることを確認した上でチャレンジしてもらいたい。

50代募集は随時確認


50代転職を徹底応援します

求人情報を探す上で50代のあなたが目のあたりにする現実は厳しいものです。しかし、たとえ50代であろうと転職に成功する人は成功します。

50代のあなたがこれから成功を勝ち取るため、具体的な戦略を5つの項目にまとめました。転職を真剣に考える方は以下をじっくりと熟読下さい。

50代中高年求人探しの5つのポイントを読む



50代転職お勧めサイト

ランキング1位 スカウト機能が充実 リクナビNEXTはお勧めNO1

イメージ

リクナビNEXTは、50代求人を多く取り扱うサイトのひとつです。
実際に50代の方でも、経験やスキルがあれば比較的多くのオファーが届くのも人気のひとつです。

⇒詳しい説明を読む

⇒リクナビNEXTのHPに行く